読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばくのエンジニア日誌

技術的なメモなどを書いていきます。

MacのShortcutアプリ"Shortcat"を使ってみました。

mac shortcut

Shortcat - Keyboard productivity app for Mac OS X
猫がかわいい。

ウィンドウ内のクリック可能な部分にShortcutを割り当ててくれるShortcatというのが便利らしいので使ってみました。

インストールは上記リンクから。

使い方その1

ショートカット検索窓を開きます。
コマンドはCtrl+Shift+Space。ウィンドウの下部に検索窓が表示されていますね。

f:id:bakunyo:20130609230637p:plain

使い方その2

文字列を打ちます。
基本的には、ファイル名やボタン名をそのまま打てばヒットします。
ヒットした候補はハイライトされ、グリーンが最有力候補となります。
このままEnterを押せば、最有力候補がクリックされる、という仕組みです。

f:id:bakunyo:20130609231024p:plain

使い方その3

最有力候補でない候補(イエローのやつ)を選択するには、 Ctrlを押しながらそこに表示されている文字を押せばその候補が最有力候補となります。
例えば、上の状態でCtrl+Eを押してみました。

f:id:bakunyo:20130609231323p:plain

感想

確かにこれを使いこなせば、ほとんどキーボードから手を離さなくて済みそうです!

ただ最初に検索窓を開く分、そこまで短縮できていないのでは・・・?と思ってしまいました。。
まぁ、慣れなのかもしれません。少しの間は積極的に使ってみようと思います。