読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばくのエンジニア日誌

技術的なメモなどを書いていきます。

「ファイル名を指定して実行」でショートカットを自作する

windows shortcut

Windowsの「ファイル名を指定して実行」でショートカットの自作ができて、とても便利なことが分かったのでメモ。
「ファイル名を指定して実行」は左下のスタートボタンから呼び出す、めったに使わないアレ。
実は、Windowsキー + rで呼び出すことができる。
その名の通りファイル名を指定したら開くことができるが、フルパスでないといけないのが難。
ただし、環境変数のPathに設定されているフォルダの中にそのファイルがあれば、それを実行してくれる。
例えば、calcと入力してEnterで電卓が立ち上がる。これは、Pathの中に「C:¥WINDOWS¥system32;」というフォルダが登録されていて、その中に「calc.exe」というファイルがあるため。

ショートカットの作り方

  1. 適当なところにフォルダを作成。ここでは仮に、「C:¥Documents and Settings¥myname¥デスクトップ」にショートカットというフォルダを作ったとする。
  2. 次に、ショートカットで立ち上げたいアプリorファイルを右クリックして、ショートカットファイルを作成する。作られたショートカットファイルを1で作成したフォルダ内に格納する。
  3. ショートカットファイルのファイル名は、呼び出す時に使う一意の名前にする。
  4. 環境変数Pathの編集をする。場所は、コントロールパネル->システム->詳細設定->環境変数をクリック。複数人で使うPCなら、ユーザー環境変数に新規にPathを追加するとよいと思います。
    Pathの中に、先ほど作成したディレクトリのフルパスを設定する。
    例)C:¥Documents and Settings¥myname¥デスクトップ¥ショートカット;
  5. これで設定は完了。windowsキー + rのあとに作成したショートカットファイル名を入力して呼び出してみましょう。

参考:Tips - (小技にも満たない)微ワザ集